シロアリ駆除を格安で安心して依頼できる業者は?

シロアリ駆除格安

シロアリ駆除業者も、評判のいいところもあれば、悪いところもあり、選ぶのが難しいです。

 

しかし、シロアリの気配を感じたら、放置しておかず、すぐに診断してもらわないと大切な建物がどんどん傷んでいきます。

 

とはいっても

 

「シロアリ業者ってよくわからないなー?」
「料金がわからない」

 

といった不安な方も多いと思います。

 

そんな時は、「シロアリ110番」に相談してみましょう。

 

シロアリ110番なら

●平米1200円の格安の明朗会計

 

●5年間品質保証という安心のアフターサービス

 

●無料の事前調査

 

●全国対応

 

●追加請求なし

 

こういった手厚いサービスがあり、年間受付件数20万件以上を誇る信頼できる業者です。

 

まずは、異変を感じたら、シロアリ110番にすぐに相談してみることをおすすめします。

 

シロアリ駆除業者

シロアリ駆除の基礎知識

シロアリ駆除業者

シロアリ駆除の基礎知識にはシロアリの生態を知っておく必要があります。木材を食い荒らすことから、家の柱などに被害が及ぶことはよく知られています。しかし、実際にシロアリがもたらす影響は木材だけに留まりません。プラスチック類やゴム類、レンガやコンクリート、金属に至るまで被害が及ぼすおそれがあります。

 

日本には数十種類のシロアリが確認されていますが、その中でも住宅などの建築物に被害をもたらす種類は「イエシロアリ」と「ヤマトシロアリ」です。イエシロアリは関東から南の海岸地帯に生息し、建物の舌や地中に塊状の大きな巣をつくる傾向があります。王と女王がいる本巣以外にも複数の巣が存在し、大集団となることもあります。対して、ヤマトシロアリは北海道東部を除き全国各地に生息し、被害箇所と巣を兼ねることが多いのが特徴です。

 

シロアリ駆除の方法には大きく分けると薬剤を注入する「バリア工法」と毒が入ったエサを使う「ベイト工法」の2種類があります。バリア工法では建物の壁や柱に穴をあけて、薬剤を注入していきます。これは薬剤によって床下などにある巣から建物への侵入を防ぐ効果があるのです。注意点としては薬剤の散布は化学物質になりますので、臭いが気になったり、アレルギー体質の方は気を配ったりする必要があります。また、目的としては、あくまでシロアリの侵入を防ぐことにありますのでシロアリの巣の根絶には繋がりません。ただ、被害箇所によっては即効性があることや、比較的費用が抑えられるメリットがあります。
ベイト工法はシロアリが好む毒が含まれたエサを、特殊な容器に入れて建物の周囲に仕込みます。シロアリがエサを巣に持ち帰ることで、巣から根絶させる方法です。建物内に薬剤を使うわけではありませんので、臭いの発生もありませんし、根本的な原因を解決することができます。ただ、バリア工法に比べて駆除期間が長期化する可能性や、費用が高くなることがあります。それぞれの特徴を抑えて、用途に合わせて選択するのが賢明です。

シロアリ駆除の方法

シロアリ駆除格安

人生の中で一番大きな買い物と行っても過言で無いものとしては、マイホームを挙げる人がほとんどです。家族みんなで安心して快適に何十年もその家で生活を続けるためには、定期的なメンテナンスや何かしらのトラブルがあった場合の早期発見と対応が必要不可欠になります。その中でも日本家屋に深刻な被害をもたらしてしまうシロアリは、住居の土台や柱などの木を食べながら浸食し、家の強度を著しく低下させてしまうリスクがあるのです。

 

シロアリは見えない床下や柱の中などで活動を行うために、実際の被害を簡単に目視することが困難です。春から夏にかけて羽蟻を沢山見かけたり、床がきしんだりフワフワと浮いたようになっていると感じた、あるいは水漏れを発見したなどがあった場合は要注意です。シロアリは形成された巣をしっかりと壊滅させないと駆除を行う事は困難であり、シロアリの巣を全て探し出すことが最大のポイントであるとも言われます。シロアリ駆除の方法としてはまずは白ありの巣が多く見られる水回りの場所(風呂場やキッチン、トイレなど)を中心に、床下に潜り込んで点検を行う必要があります。とはいえ、シロアリの巣は土中や壁の中にある為に、専門的な知識や技術が無ければ発見することが難しいとも言われているのです。シロアリ被害に遭ってその巣を壊滅するためには、専門の業者に依頼する事が一番安心であるとも言えます。

 

シロアリ駆除の実際の方法としては、専用のシロアリ駆除剤(殺虫剤)を使用します。シロアリは殺虫剤を吹き付けてしまえば簡単に死にますが、巣を中心に数多く生活しているために全てのシロアリを駆除することは簡単ではありません。床下に潜り込んで点検をした上で状況を確認し、生態にあった駆除を実施するのです。必要な箇所に液体の薬剤をしっかりと捲き、床下がびっしょりと濡れるほど薬剤を散布することで完全駆除を目指します。身体に薬剤が付着したシロアリは巣に戻ることで仲間と身体が接触し、そのアリが他のありと接触していくことで徐々に死滅していきます。その家庭でシロアリの女王も死に、巣を全滅させる為にしっかりと散布を行うのです。

シロアリの生態

シロアリ駆除料金

夏が近づいてくるとシロアリ、羽アリを見かけることが多くなります。しかし実はシロアリには産卵時期というものがなく、時期に関係なく活動している虫です。一年中家や建物に被害をもたらす可能性があるシロアリの生態とはどのようなものでしょうか。

 

シロアリはコロニーと呼ばれる集団を形成して同じ巣で共同生活をしています。コロニーには兵隊アリ、職アリ、王と女王アリがおり、その中で建物に被害をもたらすのはすべて職アリで、コロニーの90〜95%の数を占めます。主に建物の木材を食い荒らし、土やフンや唾液などから巣を作っていきます。木材をはじめ紙類や段ボールが好物といわれており、床下や庭にそれらを置いておくと発生しやすくなるので注意する必要があります。寒いと活性が下がりますが、ここ数年建物の基礎を暖かくする工法が広まり、冬場も暖かい床下に入り込んで1年中活発に活動し続けることが多くなってきています。女王アリは1日に数百個ほど絶えず卵を産んでいるので、巣の中のアリが増えすぎてしまう場合があります。そうすると巣の中から何割か、生殖能力を持った羽アリを発生させて巣から飛び立たせます。その時期が春から夏にかけてなので、羽アリを見かける機会が多くなるのです。ですので羽アリを見かけたからといって建物からいなくなった訳ではなく、まだまだ建物に多くのアリが潜んでいるということになります。

 

シロアリは羽アリに成長すると白色から黒褐色に変色します。黒褐色になったあとの羽アリはクロアリと見分けがつきにくくなるのが難点です。集団で生活するなど生態も似ていますが、クロアリはハチの仲間なのに対し、シロアリはゴキブリの仲間に分類されます。見分け方の特徴として、シロアリは前後の羽の大きさがほぼ同じ、胴体にくびれがなく寸胴、触角が数珠のような形、さなぎにならない不完全変態の虫である等があります。また、シロアリにとってクロアリは天敵ともいわれています。

シロアリを寄せ付けない木の家の特徴

シロアリ駆除金額

一軒家に住むときに気をつけなければならないのがシロアリの被害です。新品のときは何も問題なくても時間が経過するにつれて土台の部分を蝕んでいきます。ですので、一軒家を購入するときにはこの対策も同時に考えておかないといけないわけです。実は、昔ながらの日本で建てられてきた木の家というのは、シロアリに強いということで知られています。

 

そもそも、彼らが何を食べて生活しているのか知っていますか。主に主食は木材と水です。そのため、じめじめとしているところは格好の餌食となりやすいので注意が必要です。ただ、木材にもシロアリに強いものとそうでないものがあります。例えば、マツやモミといった木材は彼らの大好物です。これらは柔らかいのが特徴なので狙われやすいといえます。逆に、スギやヒノキといった木材は狙われにくいといわれています。この両者はとても硬いためシロアリでも食べるのに苦労するわけです。昔から建物を建てるときはスギやヒノキが使われてきたので被害を受けずに済んでいました。またそれだけなく、熟練した技術を持っている人たちが固くて強い木材を選んできたという点も忘れてはなりません。そのため、シロアリを寄せ付けない家を作るためには、ちゃんと信頼できる施工業者に頼まないと土台がしっかりとした家を建てることは難しいでしょう。

 

もちろん、これらの木々を使わなくても家を建てることは出来ます。アリを寄せ付けなくなるような処置がありますから、それを使えばリスクは最小限に抑えられます。ですが、完全に被害を防ごうと思っているならば木材の選別はしっかりしないとだめです。選別をしっかりした上で、防蟻処置を施せば完璧だといえるでしょう。このように、昔ながらの木の家というのはシロアリを寄せ付けにくくなっています。しかし、長年住み続けていると傷んできて、侵入を許してしまう場合もあります。その場合は駆除をお願いするといいでしょう。放置しておくと大変なことになります。

シロアリ駆除の相場

シロアリ駆除依頼

シロアリ駆除を依頼する際に最も多くの人が悩むのはやはり料金です。見積もりを出してもらっても相場がわからないと、本当にここに依頼をしていいんだろうかとかどこに依頼してもこれくらいの金額だろうかと不安になってしまいます。シロアリ駆除の料金は、それぞれの業者の規模とかサービス内容によってかわってきますし保証内容によっても違ってきます。できるだけ安い方がいいと思うのは普通のことですが、安さばかりにこだわっていて安い業者に依頼をしたら将来的に問題が発生してしまって追加の料金が必要になったりします。そのため依頼をする際には料金ばかりにこだわらないことがとても大事です。

 

シロアリ駆除の相場ですが、一般財団法人経済調査会の統計によるとシロアリ工事の価格を坪あたり10,725円となっています。また現在は基準を公開されていないのですが、以前は1uあたり3,000円程度を基準としてシロアリ駆除の業者が加入をしている公益社団法人日本しろあり対策協会は打ち出していたようです。

 

費用は業者のレベルによって全く違うという点も知っておかないといけません。この業者は大きく3つにわかれ、大手上場企業やJA系や地域密着型中規模業者、そしてホームセンターとかインターネット集客激安型です。大手上場企業の場合は坪あたり1万円前後となっています。やはり事業規模が大きいとその分経営コストも高めです。次に地域密着型中規模業者になると、坪あたり6,000円から9,000円となっています。最後にホームセンターとかインターネット集客激安型になると坪あたり4,000円からとなっていてかなり割安ということがわかります。しかしこのような集客激安型になると自社で施工まで行うわけではありません。ただ受付だけをして実際に工事は自社ブランドだけでは展開をしていくことが厳しいとても規模が小さい業者が担当していることがほとんどです。こういった面を知っておかないといけません。

 

シロアリ駆除業者